上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは、ジェナです
今日は私が初めて覚えた洋楽
I've never been to meという曲について
なんか話そうかとオモイマス(`・ω・´)
歌詞も彼女の歴史も載せます、長いです…
この曲を歌ったCharleneという女性は
1950年6月1日カリフォルニアのロサンゼルス、ハリウッドに生まれ
1歳の時に重病にかかり長いこと病床で暮らす生活を強いられました
他の子のように外で遊ぶことも叶わず、孤独な子供時代を過ごしました
16で学校を退学し、翌年には結婚し子供も産まれました
この頃彼女は苦痛という苦痛の多くを経験していました
麻薬に溺れ、生活は乱れ果てそして離婚・・さらに自分の
音楽的資質にまったく無関心なレコード業界への不満が鬱積し
彼女自身の生活をより惨めなものにしました
しかし1974年に、彼女がモータウン・レコードに持ち込んだ
デモテープがベリー・ゴーディJRの耳にとまりました
彼は「彼女こそ我が社の発の大型ポップ・シンガーになる」
と言ったのです。
そして1976念、多くの優秀なスタッフが彼女のために集められ
熱の篭ったレコーディングが行われました
本来この曲は男性シンガーのために作られたそうですが
それを彼女自身をイメージして作り直されたのがこの曲
I've never been to me 愛はかげろうのように
だそうです

しかし、レコードが完成し発売されても誰も
そのレコードに注目する人はいませんでした

そして数年が経ち、1982年初頭
フロリダにあるラジオ局のDJスコット・シャノンは
古いアルバムの中から一曲を選び放送しました
曲が終わるやいなや店や曲の電話が鳴り始め問い合わせが殺到
その曲こそ CharleneのI've never been to me 愛はかげろうのように
だったのです(参照:http://www.hpmix.com/home/momomi/E4.htm)
そして曲がこちら↓

I've never been to me
愛はかげろうのように

Hey lady, you lady cursing at your life
ねぇ、自分の人生をのろっているあなた
You're discontented mother
あなたは不満いっぱいの母親で
and a regimented wife
厳しく統制された妻なのね
I've no doubt you dream about the things you'll never do
決してやりはしない事を夢に見てる貴女に疑問は持たないわ
But I wish someone had a talked to me like I wanna talk to you
でも、私は貴女に話したいことがあるの。誰かが私にそうしたように

Woo I've been to Georgia and California
あぁ、私はジョージアにもカリフォルニも行ったことがあるし
and, anywhere I could run
私の行けるところは何所にでも行ったわ
Took the hand of a preacher man
導いてくれる人の手を取って
and we made love in the sun
日の光の下で愛を育んだこともある
but I ran out of place
でも、私はその場所から逃げ出したわ
and friendly faces
親しい顔馴染みからも
because I had to be free
なぜって、自由でいたかったから
I've been to paradise
楽園を見たわ
but I've never been to me
でもね…『私』を見たことがないの

Please lady, please, lady
ねぇ、あなた
don't just walk away
行かないで
'cause I have this need to tell you
why I'm all alone today
どうして私がいつも孤独なのか貴女に伝えなくてはいけないの
I can see so much of me still liveing in your eyes
貴女の瞳の中に、今までの私と同じものががはっきり見えるの
won't you share a part of a weary heart
that has lived million lies...
わかってもらえないかしら?
数多の嘘に生きる私の疲れきった私のひとつでも・・

Woo I've been to Nice and the Isle of Greece
while I've sipped champagne on a yacht
そうね…ニースやギリシャの島へも行ったわ
ヨットの上でシャンペンをゆっくりすすりながらして
I moved like Harlow in Monte Carlo and showed'em what I've got
モンテカルロではジーン・ハーロウのように振舞って私が
どれくらいすごいのか皆に見せ付けてやったものだわ
I've been undressed by kings
王様に着ている物を脱がせてもらったこともあるし
(転じて 他の女性が経験できないようなこと)
and I've seen some things that a woman ain't supposed to see
女が見ることもできないようなものを見たことがあるわ
I've been to paradise,
そんな幸福を感じたことがあっても
but I've never been to me
『私』を感じたことがないの

Hey, you know what paradise is?
ねぇ、貴女は楽園を知っている?
It's a lie.
それは嘘
A fantasy we create about people
and places as we'd like them to be.
それは私たち人や場所が想像した幻想に過ぎないわ
But you know what truth is?
でも、真実は知ってるかしら?
it's that little baby you're holding and
it's that man you fought with this morning
それは貴女が腕に抱いている小さな赤ん坊や
恋人と喧嘩して仲直りして共に起きる朝
that's truth, that's live...
それこそが真実、それこそが愛…

Sometimes I've been to crying for unborn childre
that might have made me complete
時々、産まれてきていない子供たちがいれば
私は完全になれたかも知れないと涙したこともあったわ
but I...I took the sweet life
でも私は…私は甘美な人生を取ってしまった
I never knew
私は決して知ることがなかったの
I'd be bitter from the sweet
その甘美な物のあとにこんな苦い思いをするなんてね
I've spent my life exploring the subtle whoring
that costs too much to be free
人生を微かな恋を探検するために費やしてしまったの
自由を得るのにはとても多くの代償があったわ
hey lady...
わかったかしら?
I've been to paradise....
私はね、楽園に辿り着いたのに
but I've never been to me....
『私』には辿り着けなかったの

I've been to paradise
never been to me

been to Georgia and California
and, any where I could run

I've been to paradise
never been to me

been to Nice and the Isle of Greece
while I've sipped champagne on a yacht

I've been to paradise
never been to me

あー長かった(;゜д゜)
私の好きなように翻訳したので
間違いなど多々あるでしょうけど…
私の大好きな曲の1つでした(*゜ー゜)

スポンサーサイト

2006.01.26 Thu l another l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jnyanko.blog47.fc2.com/tb.php/2-60db9abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。